TOP 当院について 美容・脱毛 リンク アクセス 施術内容 院長あいさつ

腰痛・坐骨神経痛

突然襲ってくる腰痛は辛いものです、ぎっくり腰は本当に動けなくなります。
しかし、腰痛の原因をはっきりと診断することが出来るのは約15%。
ほとんどの腰痛はレントゲンなどの検査が正常な、いわゆる非特異的腰痛症と呼ばれています。
CT、MRIで特異的な所見がみつかれば、それに対する治療が必要です。
非特異的、すなわち特に以上画像のない腰痛の場合は、まず痛みを取ることが必要となる治療です。
当院では、一般的な消炎鎮痛剤、腰部固定帯処置(コルセット)、リハビリテーションに加え、
痛みには比較的即効性がある注射療法を取り入れております。
筋肉注射、トリガーポイント注射、椎間関節ブロック、仙骨硬膜外ブロック、
経椎間孔硬膜外注射などがあります。
腹臥位(うつ伏せ)で行います。
痛みの原因となってい神経根付近から腰椎椎間孔(神経の出口)に向け
注射液を浸潤させる特殊な注射法です。
当院ではこの方法を積極的に施行しておりますので、
色々な治療に抵抗する腰痛や、下肢へ放散する坐骨神経痛でお悩みの方は、
お気軽にご相談下さい。
注:注射後少し安静時間を要する場合があります。
  抗凝固剤を服用している方や重度糖尿病の方は注射できない場合があります。

ページの先頭へ戻る